HOME>オススメ情報>切らずにたるみを解消したり小顔になれる美容医療

メスを使わないのでチャレンジしやすい

注射を打つ人

大阪は西日本エリアの中でも特に美容外科クリニックの件数が多く、大阪だけでなく関西地方さらには全国から患者さんが訪れる人気美容外科クリニックも少なくありません。そんな大阪の美容外科クリニックで今、注目を集めているのが「ハイフ」というメスや注射器も使わない美容医療です。ハイフは高密度の超音波エネルギーを肌に照射して、たるみやシワを解消したりキュッと小顔になれるという効果が期待できます。メスで顔を切ったり縫合するなどの手術、また注射針を刺すなどの行為も行わないためダウンタイムの心配をしなくても良いのが魅力です。傷跡が残らない、すぐ日常生活に戻ることができるのでチャレンジしやすいことから、ハイフを選ぶ患者さんが増えています。

コラーゲンを増やす効果がある

大阪の美容外科クリニックで人気を集めているハイフは、肌の若さをキープするために必要不可欠なコラーゲンを増加させる効果があると言われています。熱によるダメージを与えることで肌の奥深くにある真皮層、さらにその下にあるSMAS層という筋膜部分にまで作用します。加齢で減少するコラーゲンが増加するので肌のハリ感・弾力性がアップし、たるみやシワを解消するフェイスラインをスッキリさせるなどの効果がハイフの特徴です。

即効性も持続性も期待できる

メスを使わない美容医療はさほど目に見えて違いが分からないのではと、マイナスイメージを持つ人も少なくないようです。大阪の美容外科クリニックで導入する所が増えているハイフという美容医療の場合、即効性も持続性も期待できます。施術を受けてすぐに肌の引き締まりを実感できますし、術後約6か月ほどかけてじわじわとコラーゲンが増え続けるので長く、肌のハリ感をキープすることが可能です。美容医療でもしっかりとした効果を感じたいという人に、即効性・持続性のあるハイフは選ばれています。

広告募集中