HOME>トピックス>安心できる医療が提供されるかを見極めるポイント

表現がポイント

大阪の美容外科を選ぶとき、所属するクリニックが過剰な広告、宣伝を行っていないことは条件の1つです。『腫れない、出血しない、痛くない』など、患者さんにとっては心を動かされますが、手術をするということは、メスで皮膚を切るわけですから、腫れないとか出血しないということはありません。痛み止めの注射を打っただけでも、内出血や腫れが起こります。だからこそ、医療広告では禁止されている表現があり、情報を集めるときには営利主義の医療機関とした判断などの参考になるワケです。

安心できる言葉

大阪の美容外科選びでは、絶対安全、必ず成功すると言った言葉を使う外科医はいないといいます。医学上、手術や治療には必ずリスクを伴うからで、これは基本情報の1つです。また、治療・退院後も定期的な受診が必要だからこそ、1日で治療が済むとは口にしません。

同じではない

患者さんの状態には個人差があり、大阪の実績ある美容外科での体験談と同じ結果が得られる保証はありません。ですから、治療方法や副作用などの詳しい説明がある場合は、いわゆるビフォーアフターの写真掲載で判断をしなければなりません。

説明を聞く

大阪の美容外科医の腕は評価が高いものの、手術を早く多くこなさないと利益が上がらないから、というパターンもあります。たとえ腕がよくても、速さ重視の粗雑な手術が行われかねません。ですから、治療について、本当のことを丁寧に話してくれる医師を選ぶべきです。

広告募集中